福岡での会社・法人変更登記など会社や法人の登記代行

検索ボックス
 
カテゴリ
最近の記事
  • 変更登記の流れ
  • 役員変更登記
  • 商号変更登記
  • 目的変更登記
  • 本店移転登記
  • 定款変更
  • 増資登記
  • 解散登記
  • 株式会社設立登記
  • 合同会社(LLC)設立登記
  • 一般社団法人設立登記
  • 有限会社から株式会社へ変更
  • よくある質問
  • 福岡でご活躍の各士業の皆さまへ
  • メールでのご相談随時受付中
  • 平日・土曜・日曜も随時受付中

福岡で活躍する税理士・公認会計士・行政書士・弁護士等の専門家の先生からも多数ご利用いただいています

ご相談もお見積も無料で承っております、お気軽にお問い合せください

会社・法人の各種変更登記について

増資のメリット、デメリット

資本金の額の増加のメリット、デメリットを簡単にまとめてみました。

【メリット】

1)信用力の強化
 資本金の額は対外的な信用性の一つの基準となります。資本金の額が大きい会社は、信用力が上がるといっていいでしょう。

2)財務強化
 増資により調達した資金は、自己資本となるため出資者に返済する必要がありません。返済する必要のないお金ですので、長期投資が必要な研究費等に活用できます。又、返済する必要がないお金ですので、会社の財産の中で、この自己資本の占める割合が高い会社ほど信用力が上がり、金融機関等からの融資を受ける基準の一つとなります。

3)株主による強化
 増資による株式を有力企業が引き受けた場合、企業間の関係が強化されることから、事業支援やブランド力が強化されます。


【デメリット】

1)税負担が増加
 資本金の額を基準とし課税される税金においては、税負担が増える場合があります。

2)業務執行権の弱化
 増資により議決権のある株式を発行し、第3者が引き受けた場合、既存の株主の議決権の持株割合が減ります。持株割合が減るということは、既存の株主の業務執行権が弱まる可能性があります

3)株式の価値の低下
 新たな株式を発行しますと、増加する資本金の額との比率が従来の価格と伴わない場合、1株当たりの株式の価値が低下します。既存株主が所有している株式の価値が下がるため、既に第3者より出資を受けている場合、十分に検討する必要があります。


増資登記にかかる費用につきましてはコチラをご覧ください

posted by 山本健治司法書士事務所 at 2015年07月31日 | 増資登記
  • メールでのご相談随時受付中
  • 平日・土曜・日曜も随時受付中